今日はちょっとなんかハイテクなもの見つけてしまいました。
突然ですが、みなさんは好きなキャラクターっていますか?

よくアニメとかマンガの設定で、バーチャルなキャラクターが
ある日突然家に転がり込んできて一緒の住み始める
みたいなストーリーがあると思うんですけど(あるよね?)
なんとそれが実現できちゃうプロダクトが出てるんですね!
知らなかった!!
もうそんな時代なのか・・・

今日はキャラクターと一緒に暮らせると話題のプロダクト
「Gatebox」について調べてみようと思います。

Sponsored Links

Gateboxってなに?キャラクターと暮らせるの?

Gateboxは世界初のバーチャルホームロボットで、
「好きなキャラクターと一緒に暮らせる」
というところに注目が集まっています。

Gatebox は、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボットです。
最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、
キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションをとることができます。
朝になると主人を起こし、夜に主人が帰宅すると優しく出迎えるといった、
一緒に暮らしているからこそのリアルなコミュニケーションを楽しめるだけでなく、
インターネットや家電等との通信により、天気情報を伝えてくれたりテレビをつけてくれたりといった、日常生活のサポートをしてくれます。

引用元

実際にどんな感じなのか、こちらの動画をご覧ください。

うん、ちょっとさみしくなるような感じがするのは私だけかな・・・。

Gateboxは2016年12月14日に発売を発表しました。
それからわずか1ヶ月で予約予定数の300台を達成!

購入者が一番楽しみにしているのは「会話」だそうで、キャラクターとのコニュニケーションに期待が大きくなっています。

動画にもあるように「おはよう」や「おやすみ」など日常的な会話を通して一緒に生活がしたい、一人暮らしでも寂しくならないように、と購入を決める人が多いそうです。

現在はそのインターフェースでの強みを強調しているGateboxですが、今後は他社との連携やAIの搭載によって、生活をより便利にできる可能性があるということです。

例えば「洗剤買っておいて」と話しかけるだけで、Amazonなどのネット通販から商品が届く、といったことも可能になるかもしれません。
まだこのあたりの機能追加については未定だそうですが、キャラクターとの会話を楽しむだけでなく、生活がより便利にかもしれないですね。

どんなキャラクターと一緒に暮らせるの?

「好きなキャラクターと暮らせる」がコンセプトになっているようですが、初期段階では発売元となるウィンクルのオリジナルキャラクター「逢妻(アヅマ)ヒカリ」のみの配信となるようです。


出典元

逢妻(アヅマ)ヒカリプロフィール

名前:逢妻(アヅマ)ヒカリ
年齢:20歳
身長:158cm
趣味:アニメ鑑賞
特技:目玉焼き作り
好きなもの:ドーナツ
嫌いなもの:虫
夢:頑張っている人を助けるヒロインになること

引用元

Sponsored Links

このキャラクターをデザインしたのはラブプラスやときめきメモリアルのキャラクターも手がけた箕星太朗さんで、癒し系キャラクターとして作られたそうです。
声優を務めるのは冷水 優果さん。

初期コンテンツでは以下の3つのコミュニケーションが楽しめるようになっているそうです。

1、アクティブ・コミュニケーション・・・主人の動きや時間に合わせて、自律的に話しかけてくれます。
2、トーク・コミュニケーション・・・主人の音声を認識して、内容に合わせた返事をしてくれます。
3、チャット・コミュニケーション・・・チャットアプリを通じて、離れていてもメッセージのやりとりができます。

引用元

発売後にアップデートを通してキャラクターとの新しいコミュニケーションや体験が追加される予定だそうです。
今後どんなキャラクターが追加されていくのかも楽しみですね♪

逢妻(アヅマ)ヒカリ オフィシャルサイト

価格や予約方法は?


出典元

初号機となるGateboxの価格は321,840円(税込)
配送時期は2017年12月以降に順次発送予定だそうです。

すでに予約販売台数には達しているものの、当初の予定どおり販売期間の2017年1月31日までは少量ながら追加注文を受け付けているそうです。

予約方法は
http://gatebox.ai/preorder/
こちらにアクセスし、配送対象国(日本 or USA)を選んで注文を行います。

まとめ

今日は世界初となるバーチャルホームロボット
Gateboxについて調べてみました。

これからの機能やキャラクター追加に加え
活用方法の拡大にも注目したいですよね。
(一人暮らしの老人の方の見守りなど)

今年の年末にはレビュー記事もたくさん出ているかもしれないので楽しみです。

それではお読みいただきありがとうございました☆

Sponsored Links