こんにちは〜。昨夜は今年最後の満月の日でしたが、
あいにくの雨で見れませんでした!残念〜。
今夜もちょっと見れなさそうかなぁ。

雨音を聞きながら、テレビ番組表をチェックしていたら
明日12月15日(木)のカンブリア宮殿がなんだか興味深くて。

【ふわふわ無添加&天然酵母パン!人気の職人驚きのメソッド】

というタイトルで、なんと5日間でパン作りのノウハウを習得して
パン屋さんを開業できるメソッドを紹介するそうです。

みなさんのお家の近くはおいしいパン屋さんありますか??

うちは引っ越す前は美味しくて大行列ができるほどのパン屋さんとか、
ご夫婦で経営されてる小さなパン屋さんとか
いっぱいあったんですけど
いまの家に引っ越してきてから近くにパン屋さんがなくて
結構パンに飢えてます。
美味しいケーキ屋さんならすぐ近くにあるんだけど、
ケーキは毎日食べられないからなぁ・・・。
やっぱりパン屋さんがいいです。

最近はパンブームで、
地域ごとにおいしいパン屋さんのマップがあったり本が出てますよね。
おいしいパンを求めてちょっと遠くまで出かけたり。
子どもから大人まで、パンの消費量は増え続けているそうです。

消費量は増加する一方でもパン屋さんの世界は厳しいとか。
なかなか後継者が育つ環境ではないようです。

今日はそんな厳しい状況の中、
5日間でパン職人になれる研修講座を開いている
岡山のパン屋さん「おかやま工房」の社長、
河上祐隆さんについて調べてみました。

ご自身が経営される「おかやま工房」では
無添加・天然酵母にこだわったパンを販売。
そのこだわりのパンの魅力も調べてみようと思います!
(パン食べたい!)

Sponsored Links

河上祐隆さんのプロフィール


出典元

名前:河上 祐隆(かわかみ つねたか)

1962年大阪府大阪市生まれ。18歳で製パン業界に飛び込み,
22歳で大阪府羽曳野市にベーカリーを開業して独立
1990年:岡山県岡山市にベーカリーをオープン
2008年:海外でベーカリーのプロデュース・コンサルティング事業を開始
2009年:個性派小規模ベーカリーのプロデュース部門,リエゾンプロジェクトを設立
株式会社おかやま工房代表取締役,ベーカリープロデューサー

引用元

18歳で製パン業界に飛び込み、
それからずっとパンに携わるお仕事をされてるので、
かなりのパン好き!?と思ってしまったのですが
実は河上さん、元々は理数系で将来は
動物病院か水産試験場で仕事をするのが夢だったとか。

ご家庭の事情で大確進学をあきらめなければいけなくなり
食べ物に困らない、という理由で選んだのが飲食業界。
パン屋はその選択肢の1つにすぎなかったそうです。

これまでの経歴と現在の年収は?

大学進学をあきらめて勤め始めたパン屋さんで
「パンの神様」として有名な恩師に出会ったそうです。

その恩師の方が独立後、河上さんは直接方の元で指導を受けることに。

河上さんの恩師のパン作りは
「感」で勝負する職人さんの考え方とは違い
微生物の発酵を理論で理解し、計算するものだったそうです。

研究的な考え方のパン作りが、理系であった河上さんにマッチしたんですね。

河上さんは「食べることに困らないから」という理由で
飲食業界へ進み、パン屋になったと前述しましたが、
その時に「自分は理系だから、興味がないことはしない」
と違う道に行ってたら、現在の成功はなかったかもしれませんし、
「パンの神様」と呼ばれた恩師の方の真の素晴らしさはわからなかったかもしれません。
どんな仕事にも、これまでの経験が必ず役立つことがあって、
それはこれまでの経験や知識の点を一つずつ線で結びながら、
ちょっとずつ広く大きくしていく地味な作業ですけど、
それをどんどん広げることによって
誰にも真似できないことができてしまうんじゃないかと思います。

河上さんはその後も恩師の元でパンの修行に励み
20歳のときに2号店、21歳で3号店の立ち上げを任されるほどに。
仕事は順調だったみたいですが、22歳のときに独立したいと思ったそうです。

しかし2号店、3号店の立ち上げに携わったことにより
パン屋さんの立ち上げにはかなりの資金が必要だと熟知していた河上さん。
資金繰りという壁が大きく前に立ちはだかりました。

あきらめようとした河上さん、しかし恩師は無条件で資金を貸してくださり
1,000万円の借金の保証人になってくださったそうです。

河上さんがこの時にした
「この恩は絶対忘れない」という決意が
後のリエゾンプロジェクトへとつながっていきます。

気になる年収は?

パン屋さんの平均年収は350万円〜450万円と言われています。
河上さんの場合は複数の店舗をもっていらっしゃるのと
独自のノウハウをお持ちで、おかやま工房は大人気店なので
おかやま工房の売り上げも他店より群を抜いているはずです。

妻や子どもはいる?

河上さんは大阪の出身で、独立して最初のお店も大阪で出店されています。

恩師から受けた恩を継承するために、
独立したいという20代の若者を採用しては
2〜3年で独立させるという異例な取り組みを行いながら
お店も切り盛りしていたそうです。

そんな中まだ幼かったお子さんの喘息が悪化し、
住環境の良さを求めてご家族で岡山へ移住することに。

岡山は「晴れの国岡山」と言われるほど
台風もなぜか岡山は避けたり(笑)
地震もなく、災害の少ない地域として近年注目されてますよね〜。
駅から少し離れただけでのどかな風景が広がり、自然も豊かです。
東日本大震災のあとは東北や関東方面からの移住者も多かったそうです。

大阪から岡山だと近いですしね。
それでも生まれ育った街を出てご商売されるのは
不安もたくさんあったかと思いますが
奥さまと共に、お子さんのために頑張ってこられたんだなぁと思います。

「おかやま工房」のパン

お子さんの病気をきっかけに、健康について考えることが多くなったそうです。

パン生地に含まれる合成添加物が、
毎日食べることによって及ぼす体への影響を考え
無添加のパン作りを始めるきっかけとなりました。

市販のパンってけっこう添加物入ってますよね。
私も娘がいるので、パン買うときは何が入ってるかチェックします。
日本は添加物に対する規制が他国に比べて緩いので、
この辺は自分で気をつけなきゃいけないなぁと思ってます。

無添加のパンって手間もかかって大変だし、
それを大量に作って売るのはもっと大変だったのではないかなぁと思います。

それでも
「身体に害があると解っているものを、パン生地に入れることはできない」
という思いの元に、合成添加物を使わなくても
ふわふわでおいしい無添加のパンを作ることに成功された河上さん。

お客様の健康まで考えておいしいパン作りをする、本当に素敵です。

Sponsored Links

実際に、おかやま工房でどんなパンが売られているのか調べてみました!

クリスマスチキンサンド(税込価格389円)


出典元

野菜がたっぷりのこの時期限定の商品だそうです。
かなりボリュームがあって美味しそう!

お店の一番人気は「牛肉と野菜のカレーパン」だそうです。


出典元

ゴロゴロの牛肉が入った自家製カレーが入ってるカレーパン。
美味しそう・・・(お腹すいた)

おかやま工房さんの店舗はこちら

おかやま工房 リエゾン
岡山市北区田中112-103
電話:086-243-0722
営業時間:7:00~17:00
定休日:木曜日

おかやま工房 国富店
岡山市中区国富224
電話:086-270-1500
営業時間:6:30~17:00
定休日:木曜日

My Bread
東京都港区三田4-14-9三田ヒルサイドビル1F
電話:03-6809-6158
営業時間:11:00~18:00
定休日:木曜日

なんと東京でも買えるのですね。メモメモ。
おかやま工房のリエゾン・国富店で使える
クーポンがホームページから印刷できるので
ホームページもぜひチェックしてみてくださいね♪

無添加・天然酵母にこだわった、岡山市のおいしいパンのお店 おかやま工房

5日間で開業できる「リエゾンプロジェクト」って?

飲食業界だと「フランチャイズ」はよく聞きますよね。

おかやま工房のリエゾンプロジェクトは「独立支援」なので
フランチャイズとは違い、プロの視点から独立開業のお手伝いをしてくれるそうです。

フランチャイズではないので、
どれくらいの規模にするのか
ターゲットをどのような方にするのか
店舗デザインなどの店舗イメージも
自分の思い通りにできるっていうところが嬉しいですね。

実際の研修内容は、
ひとつひとつの工程を職人技の感覚で覚えるのではなく
理論とマニュアルで学んでいくので
5日間の研修で無添加生地のパン作りをマスターすることができるそうです。

無添加のパン、というだけで他店との差別化も図れますね。

リエゾンプロジェクトのホームページで
実際にかかる初期投資額や
これまでの開業オーナーさんたちの体験談も
見れるので興味がある方はぜに見てみてくださいね。

http://www.liaisonproject.jp/

まとめ

今日はおかやま工房の社長、河上祐隆さんについて調べてみました。
これまでたくさんの経験をされている河上さん。
これからの後継者を育てていく熱意も本当にすごいです。

もし、もっと河村さんのパン人生について知りたい!
という方は本も出版されているようなので
こちらをチェックしてみてください。

小さなパン屋の革命――〈リエゾン〉河上祐隆の仕事

俺のパン – 〜パンで世界をつなぐ〜

それではお読みいただきありがとうございました☆

Sponsored Links