みなさんはもうVRとかって体験されましたか?
私はまだなんですけど、
どんな感じなのかすごく気になってます。

わたしの周りだと、
酔う〜って言う人も多かったので、
体質的にそういうのもあるんだなぁ…
と思いながら色々情報収集しているんですが、
最近発売されたというBRIDGEを見てみると
なんだかすごく手軽そうなので
BRIDGEでVRデビューしてみようかなぁなんて思いつつ。


© 2016 Occipital, Inc.

VR気になってるけど
ヘッドセットありすぎてどれがいいのかわかんない!
という私と同じような方のためにも、
今日はこのBRIDGEについて調べたことをまとめます!

Sponsored Links

そもそもVRってなに?

VRとは「Virtual Reality」の略で
コンピューターによって人工的な世界を作り出し、
その世界を現実のように体験できる技術です。
日本では「仮想現実」などと呼ばれています。
実際にどんな体験ができるのかはこちらの動画をご覧ください。

これがヘッドセットをつけるだけで
目の前に広がるってすごいリアルですよね。
性能がいいヘッドセットだと本当きれいなんだろうな〜。
現実世界に帰ってこれなくなったらどうしよう・・・。

実はVRの元となる技術は(HMDというらしい)
1965年にアメリカで発表されているらしいです。
その時は技術が追いつかずにブームにはならなかったそう。

今から約50年も前にこんなすごい技術を実現しようとした人がいるってすごいですよね。
技術も去ることながらその発想がすごい。

VRは人類の認知の拡張???

「VRはCGを使った世界に人間が入り込むという単純なものではなく、人類の認知を拡張し、進化させるという環境技術だ。これまでどうしようもなかった時間と空間という制限がなくなり、時空を超えることができる」

引用元

うん?だんだんなんか言葉が難しくなってきた。

例えば、時空を超えるという意味では、
自宅にいながらいつでも
美術館へ行ったように美術鑑賞できたり、
家のモデルルームなども体験できるようになる、
ということでしょうね。

上記の引用先のページでは
将来は一人一台VRデバイスを持って、
常にVRの世界とつながっている、
とも書かれています。

常に、というと
ちょっと語弊があるかもしれないけど
VRの世界には可能性がたくさんあって、
生活はこれから変わっていくだろうなぁとは思います。

BRIDGEでできることは?

BRIDGEはアメリカの新興企業Occipitalが発売したiPhoneを取り付けて使うVR/MRヘッドセットです。

んん・・・・・?MR・・・・・・??

MRって??

MRとは「Mixed Reality」の略で「複合現実」と呼ばれています。
先ほどのVRのような人工的な仮想世界に
現実世界の情報を取り込み
仮想世界と現実世界を合わせた世界を作る技術です。

ということなので、
BRIDGEはiPhoneのカメラで取り込んだ現実世界と、
画面を使った仮想世界を合わせて楽しめるのが特徴のようです。

実際に現実世界がBRIDGEにどう取り込めるのか見ることができます。

動画にも出てくる同梱の広角レンズをカメラに取り付けると視界が広がるようです(120度)。

この、現実世界を取り込んで何ができるかなぁ〜って考えてみたんですけど、インテリアのシミュレーションとか??
あとはイケメンとバーチャルデートできゃっきゃうふふとか?


© 2016 Occipital, Inc.

こんな風に二人で相手がどんな風に見えてるのか確認することもできるみたいです。

Sponsored Links

どこにiPhone入れるの??

BRIDGEオフィシャルサイトの「Optimized for iPhone」のところで動画が見れますが


出典元

BRIDGE前面のところをパカッと開けて、
前にカメラのレンズがくるようにセットします。
対応しているiPhoneは
iPhone 6/6sとiPhone 7(iOS 9+〜)なので、
iPhone6以下だと使えません。

BRIDGEの機能は
開発者向けにオープンソース化される予定で、
オフィシャルサイトではすでに開発者向けのページも公開されています。

Bridge Engine

Bridge EngineはSceneKitとUnityに対応。
いいなぁこの辺コードいじれたら楽しいだろうな〜!

どこで買える?

現在はBRIDGEのオフィシャルサイトからプレオーダーできるようです
価格は399ドル(約46,000円/2016年12月現在)
発送は2017年3月以降。

まとめ

今日は新しく発売されるBRIDGEについて調べてみました。

インターネットの普及で、
私たちの生活は様変わりしたなぁと
いつも思っているのですが、
まだまだこれからも多様な変化を遂げていくんですかね〜。

それではお読みいただきありがとうございました☆

Sponsored Links