とっても久しぶりのブログになってしまいました。。
秋を通り越してすっかり冬ですね。

さて、今日はついに日本語版がスタートした実名制のQ&AサイトのQuoraについて調べてみました。

これまでYahoo!知恵袋などをはじめとした匿名での質問サイトは数多くありましたが、実名制というところが気になります!

Sponsored Links

クオーラってどんなサービス?

2010年にアメリカで英語版がスタートしたクオーラ。
日本語版は9月末からβ版が公開されていて、昨日2017年11月15日から正式にサービスがスタートされました。

クオーラの利用方法は、クオーラ公式サイトか、スマートフォンアプリ「Quora」を利用し、名前とメールアドレスを登録、またはFacebookかGoogleアカウントと連携させて登録することができます。

実名制ということもあり、質問に対して専門家や著名人の方からより質の高い回答が得られると期待が大きくなっているようですね。

自分がふと抱く日常の疑問から、専門的な分野の疑問まで、専門家や著名人から回答がもらえるかも…
と思うと利用してみたくなります。

あのオバマ元大統領も登録されているとのことで、質問が目に止まれば回答が返ってくる可能性もあるかも!?

クオーラは質問の内容や回答、それに対する評価を機械学習に学ばせ、
マッチングの精度を上げ、回答の質を向上させる仕組みになっているようです。

機械学習、いまとても興味があるのでその辺も気になります!

実際に登録してみました!

登録は先出の通り、氏名とメールアドレスの登録かFacebookかGoogleアカウントとの連携になります。

私はGoogleアカウントと連携させて登録させました!

登録後は興味のある分野を10個選ぶ画面が出てきます。

10個選び終えると、次は自分の専門分野(得意な分野)を登録する画面が出てきます。


ここはスキップすることもできます。

そして登録が全て完了するとホーム画面が出てきます。

ここには最初に選んだ興味のある分野からピックアップされたであろう質問が並んでいます。

登録はとても簡単で、質問を眺めているだけでも様々な情報を得られてとてもワクワクします!

Sponsored Links

クオーラの可能性と素晴らしいところ

実際にクオーラに登録してみて、様々な情報が並んでいることにとてもワクワクしたのですが、クオーラは質問やトピックス、さらには特定のユーザーをフォローすることができます。

日々特定のトピックスやユーザーが発信する情報を効率的に収集できるツールとしても役立つなと感じました。

積極的に専門的な分野での回答をするなどパーソナルブランディング作りにも役立つかと思います。
著名人や専門家の方の目にも止まりやすくなり、ヘッドハンティングや転職の際に役立つツールにもなりえますね。

そして企業として登録すれば、カスタマーサポートの場としても機能することが期待できます。
クオーラを開けば製品やサービスについての質問できるとなればユーザーとしても利用価値があがります。

まとめ

今日はついに日本語版のサービスが始まった実名制のQ&Aサイト、Quora(クオーラ)について調べてみました!

私もまだ登録したばかりですが、これから質問したり様々な情報収集に利用してみようと思います!

みなさんがクオーラで聞きたいことはなんですか??

それでは、お読みいただきありがとうございました!

Sponsored Links