やっと仕事が落ち着いた〜!と思ったらすでに夏休みですね。

ブログも久しぶりの更新です。

昨日から「GMOクリック証券」の競泳日本代表応援CMが流れていますね〜。みなさまもうご覧になられたでしょうか??

スピード感のある音楽とかっこいい選手の方たちに釘付けです♡さて、今日はこのCMに出演されている競泳の萩野公介さんについて調べてみようと思います。

Sponsored Links

萩野公介さんプロフィール


出典元

名前:萩野 公介(はぎの こうすけ)
生年月日:1994年8月15日
出身地:栃木県小山市
身長:177cm
体重:71kg

萩野公介さんの出身地は栃木県小山市。栃木県内では宇都宮市の次に人口が多い都市です。

赤ちゃんの頃から水を怖がらない子だったそうですが、その理由はお母様が妊娠中からマタニティスイミングで水と接していたからではないかと言われています。

小学校低学年のときに、父親の仕事の都合で一時期名古屋に住んでいたという萩野さん。
当時、名古屋市にあるスイミングスクールに通い始めたそうですが、そのスイミングスクールの入校条件が『自由形、平泳ぎ、バタフライ、背泳ぎの四泳法を泳げること』だったそうで、必死にバタフライの練習をされたそうです。

小学校低学年でバタフライってなかなか出来る子いないですよね。かなり本格的なスイミングスクールだったのかな〜。うちの近所にあるスイミングスクールは入校条件もなく、本当に水が怖い子でも入れる感じで、小学校の水泳の授業が始まる前に通わせるお母さんたちが多いです。
ただ、最近の小学校の水泳の授業も低学年のうちは水に慣れる、という感じで無理に泳ぐ練習をしたり潜ったりはしないみたいですね。時代が変わったんだな〜と思いました。

ちょっと話が脱線してしまいましたが^^;

萩野さんご自身は、この名古屋時代がなければ今の自分はいない、と仰るほど貴重な幼少期だったようです。

出身高校や大学とこれまでの競泳の成績は?


出典元

名古屋から栃木県に戻った萩野公介さんは再びスイミングスクールへ通い、本格的に競泳の選手を目指し始めます。

作新学院高等学校に進学後、2010年の第86回日本選手権水泳競技大会の男子400m個人メドレーで2位に入賞。
同じ年に開催されたパンパシフィック水泳選手権で日本代表に選出されました。

2012年の日本選手権水泳競技大会で男子400m個人メドレーに出場し、日本新記録(高校日本新記録)を打ち出します。この種目でロンドンオリンピック日本代表にも決定されました。

このロンドンオリンピックの個人メドレー種目で日本人選手で初、高校生選手では56年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得されています。

その後2013年4月、東洋大学文学部へ進学。

数々の大会に出場し、たくさんの記録を残しています。

かなりたくさんの記録なので以下Wikipediaから引用しました。

獲得メダル

オリンピック
  • 2012年 ロンドン – 銅メダル(400m個人メドレー)
  • 2016年 リオデジャネイロ – 金メダル(400m個人メドレー)
  • 2016年 リオデジャネイロ – 銀メダル(200m個人メドレー)
  • 2016年 リオデジャネイロ – 銅メダル(4x200mフリーリレー)
世界水泳選手権
  • 2013年 バルセロナ – 銀メダル(400m自由形)
  • 2013年 バルセロナ – 銀メダル(200m個人メドレー)
世界短水路選手権
  • 2014年 ドーハ – 金メダル(200m個人メドレー)
  • 2014年 ドーハ – 銀メダル(400m個人メドレー)
パンパシフィック水泳選手権
  • 2014年 ゴールドコースト – 金メダル(400m個人メドレー)
  • 2014年 ゴールドコースト – 金メダル(200m個人メドレー)
  • 2014年 ゴールドコースト – 銀メダル(200m自由形)
  • 2014年 ゴールドコースト – 銀メダル(400m自由形)
  • 2014年 ゴールドコースト – 銀メダル(4x200mフリーリレー)
アジア競技大会
  • 2014年 仁川 – 金メダル(200m自由形)
  • 2014年 仁川 – 金メダル(4x200mフリーリレー)
  • 2014年 仁川 – 金メダル(200m個人メドレー)
  • 2014年 仁川 – 金メダル(400m個人メドレー)
  • 2014年 仁川 – 銀メダル(400m自由形)
  • 2014年 仁川 – 銅メダル(200m背泳ぎ)
  • 2014年 仁川 – 銅メダル(100m背泳ぎ)
アジアエージグループ選手権
  • 2009年 – 金メダル(50m背泳ぎ)
  • 2009年 – 金メダル(400m個人メドレー)
  • 2009年 – 金メダル(200m個人メドレー)
  • 2009年 – 金メダル(4x100mメドレーリレー)
  • 2009年 – 銀メダル(4x100mフリーリレー)
  • 2009年 – 銀メダル(4x200mフリーリレー)

引用元

こうやってみると本当にすごい記録ですね…!

これだけで年収としてもすごい額ですよ…!

Sponsored Links

現在の就職先や所属事務所はどこ?

今年の春から晴れて新社会人となった萩野公介さん。

就職先として選んだのは大手タイヤメーカーブリヂストンで、4月3日の入社式にも出席されました。


出典元

社員選手としてではなく、プロスイマーとして2022年3月末までのスポンサー契約を結ばれたそうです。
2020年にある東京オリンピックや2021年に福岡で開催される世界選手権を見据えての契約だそうで、日本競泳界のプロ選手としては北島康介さんに続く二人目だとか。

競泳のプロ選手ってそんなに少ないんですね!びっくり!

その北島康介さんは現在マネジメント会社「インプリント」の社長を務める実業家へ。萩野さんはこのインプリントとも契約を結び、北島康介さんが萩野さんを全面的にバックアップされるそうです。

同じ競泳界での先輩がこれまでの経験を活かし、バックアップしてくれるとなるととっても心強いですね。

熱愛報道多数!?本命彼女とは結婚間近??

社会人にもなり、プロ選手として順風満帆の萩野公介さん。

気になるのが彼女の存在ですよね〜。

調べてみると萩野さんはAKBの大ファンで、これまでに大島優子さんやSKE48の松井珠理奈さんと熱愛では!?と騒がれていたみたいですが、憧れの存在だったり、テレビ共演だったりと憶測ばかりのようでした。


出典元

アイドルは恋愛禁止だったりするし、お互いいいなぁと思っててもなかなか難しいのかも…。

それでも夢を追いかける男性にとって、支えてくれる女性は必要だと思うので、素敵な彼女がいるのでは?と思っています♡

就職もして社会人としても第一歩を踏み出したので、もしいい人がいれば結婚もすぐかもしれないですね^^

まとめ

今日は競泳選手の萩野公介さんについて調べてみました。

数々の記録や活躍にびっくりしたのと同時に、東京オリンピックでの活躍も期待とともに目が離せないなぁと思いました。

 

かっこいいCMにも注目です♡

それではお読みいただきありがとうございました☆

Sponsored Links