今夜の「爆報!THE フライデー」で
体罰事件があったとして有名な
戸塚ヨットスクール」が
取り上げられるみたいですね。

この事件が騒がれた時、私はまだ子どもだったので
全く記憶にないのですが、結婚してから何度か
旦那さんから話を聞かされたことがありました。
(うちの旦那は子どもの頃から海好きなのでかなり衝撃だったそう)

子どもを持つ親として怖いなぁと思った
事件だったので少し詳しく調べてみようと思います。

Sponsored Links

戸塚ヨットスクールとは?場所はどこにあるの?


出典元

戸塚ヨットスクールは1976年に
オリンピックで通用するような一流のヨットマンを育てる
という理想の元に、愛知県知多郡美浜町に
設立されました。

当初は航海技術を教える学校でしたが
「青少年の問題行動は、脳幹の機能低下により引き起こされる」
という独自の教育方針が話題となり、
そのことが「情緒障害等に効果がある」と
マスコミで大きく取り上げられたことによって
生活指導へと指導内容を切り替えました。
このことがきっかけで親元からスクールに
預けられる子どもがたくさんいたそうです。

ちなみにこの教育方針の元になった
独自の理論「脳幹論」には
医学的な根拠や科学的な裏付けなどは
何もないんだとか。

戸塚ヨットスクールの支援者である
石原慎太郎さんはこの理論を
「オーストリアの動物行動学者である
コンラート・ローレンツが唱えたものだ」
とおっしゃっているそうです。

これは、ヨットやトレーニングなどに関わらず
何か夢中になれること、寝食を忘れてひたすら
向き合えることに出会えれば
非行は防げるっていうのと一緒ですよね。

それがたまたまヨットや海での
トレーニングだった子もいれば
全く別のことに興味がある子もいるわけで
それは十人十色。

戸塚ヨットスクールの教育方針云々の前に
子どもの親である私たちが
そのことに気づかないといけないんじゃないかな
と感じました。

戸塚ヨットスクール事件ってどんな事件?

そして気になる戸塚ヨットスクールの事件。
有名な事件なのでご存知の方も多いかと思いますが…

1970年代の終わり〜1980年代にかけて
戸塚ヨットスクールの訓練中に
生徒が死亡したり行方不明になる
という事件が相次ぎました。

1982年に起きた死亡事件の調査では
遺体に複数の打撲や内出血の後、
歯が折れていたという痕跡が見つかりました。

その後戸塚ヨットスクールに所属する
コーチが傷害致死の疑いで逮捕されたことにより
スクール内の捜査が開始されます。

捜査の結果、スクールの指導員が
舵棒などで少年の全身を殴打し
その後、訓練をさせていたことが発覚しました。

このことで校長やコーチや元訓練生などが
逮捕されたそうです。

事件はこの1982年の事件以外にも発覚していて
他の事件に対しても起訴されています。

訓練中に発生した死亡・行方不明事件

  • 1979年 少年(当時13歳)が死亡
    戸塚側は「低体温症によるもので体罰との因果関係は無い」と主張。病死として不起訴扱いにされた。
  • 1980年 入校4日目に暴行により青年(当時21歳)が死亡
    コーチによって暴行を加えられた事によるものとして傷害致死で起訴
  • 1982年 少年2名(当時15歳)が船から海に飛び込んだとして行方不明
    体罰から逃れるために飛び込んだとして監禁致死で起訴
  • 1982年12月 少年(当時13歳)が死亡。入校一週間で暴行を受け、戸塚宏とコーチらはヨットから何度も海に落とし、死亡。この間、一切治療は行われなかった。
    傷害致死で起訴された。

引用元

これだけの死亡事件を起こしたにも関わらず
求刑は校長である戸塚宏に懲役3年、執行猶予3年
(その後懲役6年の確定判決となる)
コーチらに懲役1年6ヶ月から2年6ヶ月、
執行猶予2年から3年というものでした。

なんだかちょっと軽すぎるのでは…
と思ったのは私だけでしょうか。

最終的に校長とコーチ陣など
起訴された15人全員が有罪となりましたが
起訴から結審まで19年もかかった
長期裁判になりました。

校長の戸塚宏は2006年4月29日に満期で
刑務所を出所し、今後もヨットスクールを
続ける意向を示したそうです。

ちなみに事件後も戸塚ヨットスクールでは
事件や自殺などが起こっているそうです。

Sponsored Links

戸塚ヨットスクールの校長はどんな人?


出典元

調べてみると本当に
痛ましい事件だったんだなと
感じて子どもを持つ親として
とても心苦しくなってしまうのですが
事件を起こしてもなお、スクールを続けている
校長がどんな人なのか調べてみました。

名前:戸塚 宏(とつか ひろし)
生年月日:1940年9月6日
出身地:日本統治下の朝鮮咸鏡北道清津市

育ちは愛知県名古屋市で
名古屋市立菊里高等学校を卒業後
1959年、名古屋大学工学部機械工学科入学。
大学在学中にヨットを始められたそうです。

1975年には沖縄国際海洋博覧会記念太平洋横断レースで
太平洋横断の最短世界記録(41日)を達成して
優勝されている方です。

私はこの子たちを救いたい – “殴らない父”と”愛しすぎる母”へ』や
熱論戸塚宏 – 反平等主義論』など
数々の書籍も出版されていて
教育へ熱い思いを持っていらっしゃるのも伺えます。

ただそれが行きすぎてしまうと
前述のような事件になってしまう。

体罰に関してはここ数年で、
些細なことでも大きく取り上げられることもあり
その境界線が難しいところでもあります。

でもやっぱり、命を落としてしまうまで
厳しくしたり頑張らせたりするのは
少し違う気がしますよね。

今もまだ入所希望者がいるって本当?

去年放送された「みんなのニュース One」で
放送された戸塚ヨットスクールの
幼児教育の取材では「幼児虐待」と
大きな波紋を呼びました。

食事中は足がしびれても必ず正座。

食事後のヨットの訓練で
海を怖がる4歳の男の子を怒鳴り
最終的には男の子を持ち上げて
海に放り投げる瞬間や、海から上がっても
ビンタをする瞬間などが放送されました。


出典元

これをどう感じるかは人それぞれかと思います。

教育としては、子どもと向き合って
問題を解決するというよりは
力で抑え込む、抑圧するといった教育方法です。

その教育方法に賛同・支援する親御さんは
いらっしゃるようで
入校金324万円、入校時預かり金20万円、
生活費12万円/月
というかなり高額な金額を払っても
子どもを入校させるそうです。
(子ども、と書いたけど年齢制限はなく4歳から80歳まで受け入れ可能だそうです)

今後、事件が起こらないことを
ただただ祈るばかりです。

まとめ

今日は体罰事件があったヨットスクール
「戸塚ヨットスクール」について調べてみました。

今までなんとなくしか知らなかった事件ですが
改めて調べてみてびっくりしました。

今日の「爆報!THE フライデー」では
どんなことが放送されるのでしょうか。

それではお読みいただきありがとうございました☆

Sponsored Links