こんにちは〜。連休終わっちゃいましたね。
がっかりしつつも、小学校が始まって
家の中が静かになり助かってます(笑)

連休中けっこう夜型の生活になっていたので
また朝方の生活に戻すのも大変ですね。

さて、今夜の「月曜から夜ふかし」に
なんだか面白そうなものが取り上げられるというので
ちょっとチェックしてみました。

それは栃木名物!?のかんぴょうスピーカー♪

かんぴょうのスピーカー!?

かんぴょうってこれですよね…?


出典元

このひも状のやつ。
ロールキャベツ作るときによく使います(笑)

これがどうやってスピーカーになるのか気になります。

Sponsored Links

かんぴょうスピーカーの正体はこれ!画像まとめ

「かんぴょうスピーカー」というネーミングから
あの細いひも状のものばかり想像していたのですが
かんぴょうの原材料は「ゆうがおの実」なんですね。


出典元

栃木県は全国最大のかんぴょうの生産地。

この、中身をくりぬいたゆうがおの実(ふくべ)を乾燥させると
皮が固く引き締まり細工物の材料となるそうです。

もともと栃木県ではこのゆうがおの実を乾燥させた
「ふくべ細工」という工芸品が盛んに作られていました。


出典元

中が空洞で音が響くこのふくべをスピーカーにしたのが
「かんぴょうスピーカー」です。


出典元

かっ…かわいすぎる!想像以上に!


出典元

いっぱいいればいるほどかわいい。
みんな表情が違っていいですね♡

もともとこの「ふくべ」は古来より音響の良さで
有名な果実だそうで、楽器にも用いられてきたそうです。
バイオリンの祖先といわれる弦楽器のラバーブも
この「ふくべ」で作られています。

歴史的に見ても音響素材として
かなり優秀な素材なんですね〜!


出典元

白バージョンもかわいい♡

Sponsored Links

気になる音質は??

見た目がかわいくて、素材としても
優秀なことはよくわかりました。

でもでも実際に音を聞いてみないと
本当に優秀かどうかわかんないですよね。

はいっ!

めっちゃ音きれい〜!
自然の優しく柔らかい、深みのある音ですね。

こんなきれいな音で癒されながら
ロッキンチェアーでのんびりうたた寝とかしたい…

気になる値段は?どこで買えるの?

このかんぴょうスピーカーを作っているのは
栃木県小山市のサウンドテック高橋電機
(株式会社リッツコーポレーション)さんです。

お値段は1台、63,000円(税抜)。

けっこう「高い」という声が目に付いたのですが
本当にいいスピーカーというのはかなり高価になるので
それぞれ一点ものという点や音質も含めて
高いということもないかな〜と思います。

ただ「高級品」というところでは
ちょっと手が出ないかな〜って言う部分もありますよね。

しっかり稼いで、いつかお家に置きたいです♪

購入できるのはサウンドテックさんの公式サイト
http://shop.soundtec.co.jp/
からのみのようですが、現在はこちらでも
取り扱いがないようでした。

ゆうがおの収穫は11月に行われるようなので
季節的なところもあるのかもしれません。

受注生産という情報もあったので
「どうしても今すぐ欲しい!」
という方はぜひサウンドテックさんに
直接問い合わせてみてくださいね。

まとめ

今日は栃木県名産の「かんぴょうスピーカー」
について調べてみました。

想像以上にかわいい上に音も良くてびっくり!

気になる方は今夜の「月曜から夜ふかし」も
チェックしてみてください♪

それでは、お読みいただきありがとうございました☆

Sponsored Links