寝ようと思ったんだけど「ポエトリーラッパー
の肩書きが気になってしまったのでブログ更新。

ポエトリーラップというジャンルを初めて
知ったんですけど、詩をラップにのせて
読み上げる音楽スタイルみたいですね。

こちらの「東京」を歌っているのが
ポエトリーラッパーの春ねむりさん。

独特の世界観に引き込まれてしまいます。

今日はこの春ねむりさんについて調べてみます!

Sponsored Links

春ねむりさんプロフィール


出典元

名前:春ねむり(はるねむり)
生年月日:1995年1月10日
出身地:横浜
所属:LOW HIGH WHO? PRODUCTION

現在22歳で、なんと現役の慶応生という春ねむりさん。

残念ながら本名はわかりませんでした。

17歳からバンドを始めて、シンセを担当。

21歳で突然ラッパーに・・・!

自身の音楽ジャンルはヒップホップだけど
こころはロックンロール」とおっしゃって
いる春ねむりさん。素敵すぎなんですけど!

活動を始めて数ヶ月後にBAYCAMP2016に
O.A.として出演。
(w/ Dragon Ash,水曜日のカンパネラ,神聖かまってちゃん,etc)

YUKIやCHARA等を手がける音楽プロデューサー
蔦谷好位置さんとのコラボ曲
「さよならぼくのシンデレラ」
ではリリックと歌唱を担当し、
J-WAVE「GOLD RUSH」
10月の”THE HOTTEST TRACK OF MONTH”
に決定するなど、活動初期から驚きの活躍を
されています。


出典元

2016年10月にファーストミニアルバム
「さよなら、ユースフォビア」より発売。

さよなら、ユースフォビア[CD] / 春ねむり

今年6月7日(水)にセカンドミニアルバム
「アトム・ハート・マザー」をリリース
することが発表されました。

アトム・ハート・マザー
2017年6月7日(水)リリース
全7曲収録 ¥1667円(+税)
DISCB-3710

現在、レコーディングの様子がYouTubeで
公開されていますよ♪

 

Sponsored Links

まさかのパクリ疑惑!?真相は??

春ねむりさんの世界観はすべて自作自演。
トラックも作詞も作曲もすべてご本人が
作り出したものだそうです。

春ねむりさんを調べていると
パクリ疑惑
というキーワードが出てくるのですが
そのような事実は見つかりませんでした。

女性ラッパーとしてはDAOKOさんを彷彿
させるようなイメージもありますが
リズム感や使っている言葉など
それぞれ別のオリジナリティや良さがあって
お二人らしい世界観を築いていると思います。


出典元

まとめ

今日は2017年ブレイク必至と言われている
現役慶応生ラッパー、春ねむりさんについて
調べてみました!

ポエトリーラップというジャンルを
初めて聞いた今日の感動はしばらく
忘れません(え、遅いかな?)

セカンドミニアルバムの発売に伴い
初となる各地でのツアーも決定しているそうですよ!

今後の情報も要チェックです!

Twitter : @haru_nemuri

それではお読みいただきありがとうございました☆

Sponsored Links